ハリマ会社案内
積算実績



 建築積算
 完成した設計図書に基づき、入札・契約時に、建築物を構成する各部分ごとに数量(重量・容積・面積・長さ・個数等)を各工事別に詳細に拾い出し、これに各工事単価当たりの価格(人件費等を含む)を掛けて工事科目別または、部位別にコストをつかみ、その結果を集積し、積算価格を計算して建築工事全体の工事費を算出すること。
※「建築積算資格者試験 問題と解決」 積算技術研究会 編著 から引用



 積算は、建設業の中でも古くから一つの職種として、確立されていて、設計及び施工と並んで建築の中でも重要な位置を占めています。
 平成2年度からは「建築積算資格者」という資格が創設されるなど、 序々にではありますが、世間にも浸透しつつある、専門的な職種と呼べます。
 改修積算
 高度経済成長期に造られた多くの建築物が、築後40年を経過し老朽化 が目立つ様になり、近年は改修工事やリニューアル工事が不可欠となって きています。
 又、今日の社会経済情勢においては既存建物を適切に維持 管理しつつ、機能向上の為の改修工事を行い有効利用することが望まれて います。 この様な現状の中、弊社ではいち早く建築積算における改修積算の割合が 増加する事に着目し、改修積算データの収集や改修積算に対する社員教育 を行ってまいりました。
  皆様ご存知の様に、改修工事は建物を使用しながらの工事となる場合が 多く、改修内容によって様々な作業条件や工法が選定されています。
  しかし、設計図書では細部に亘る条件の記載は難しく、それぞれの積算 技術者が物件毎に個別に対応しているのが現状だと思われます。
  この様 な中、弊社では社員一人一人の考え方や対応方法の統一化を図りより精度 の高い改修積算が行えるよう対応してまいりました。
  これからも改修積算 に対するニーズは、さらに増加していくと考えます。
  より一層のデータ収集並びに社員教育を徹底していく所存でございます。
 概算積算
 近年、概算積算に対する現状という物が、コスト削減・期間短縮の流れ になりつつあります。 その中で、この状況に対応する為に弊社では、過去 物件の各種別毎(共同住宅・病院・学校等)の積算データを集積し、独自の サンプル及び数量表を作成しています。
  このデータを使用する事に拠って 作業時間を大幅に削減する事が出来るようになりました。
 作業手順

受注先より頂いた、設計図書及び資料をスキャンし、 データ化して保管・管理します。

 

各種積算システムにより、積算作業を行います。
  協栄産業株式会社 FKS/RC(-CL)・FKS/FN(-CL)
※画像をクリックすると拡大できます。
拾い出し作業画面
部位別集計作業画面
科目別集計作業画面

 

 

各社受注先毎の内訳書の書式で内訳書を作成します。

※ エクセルデータ・ロータスデータ・BCSデータ・CSVデータ・TDSデータ・COMPASSデータ etc.

 

弊社独自のチェックリストを使用して、項目・数量の確認を行います。
※画像をクリックすると拡大できます。
 質疑確認用シート 項目確認用シート 数量確認用シート
※質疑の出し忘れ等を防止する為に、チェックを行います。 ※項目の落し及び必要項目の落しを防止する為に、 チェックを行います。 ※物件規模から、各大部位毎の数量チェックを行います。(上記チェックと併行して仕上材と下地材の整合性のチェックも行います)


■サイトマップ    ■プライバシーポリシー  
copyright (C) 2007 HARIMA All Rights Reserved